メルマガ・バックナンバー

(第46話) 出張の宿

初めてダナンヘ行ったのは一昨年の3月、(財)岐阜県産業経済振興センター
主催のベトナムミッションでのこと。

そのとき私は、ホーチミンのデザイン会社と業務提携契約をした後ミッション
本体と合流し・・、

「今回は、これでお役目終了!
ダナンとかいう田舎町もついでにちょっと覗いてみようか・・。」

というような軽い気分で参加していたのでした。

ホーチミンでは、「オムニサイゴンホテル」という空港近くのきれいな四っ星
ホテルでしたのでミッション一行もご満足!という感じでしたが、ホーチミン
での視察を終えて、暗くなってからダナンに入った一行は、ダナンでの宿泊地
である「グリーンバンブーホテル(緑の竹の宿)」に到着すると、揃って目が
点になってました!

古い!暗い!貧相!サービス悪い!飯まずい!と、
何拍子もそろった緑の竹の宿のおもてなしは、旅行気分で来ているミッション
参加者のダナンイメージをどん引き!させてしまうには十分だったようです。

私にとっては、天井でお迎えしてくれるヤモリくんたちの存在などはさほど
気になるものではありませんでしたが、あまり出張の宿としてずっと利用して
いこうという気にならなかったのは確かです。

二度目からは、ダイク村長の勧めもあり、日本人長期滞在者も多い
「ミントアンホテル」を利用していました。

私が利用し始めたころの「ミントアンホテル」は、まだ新築オープンしたばか
りでスタッフも不慣れな印象もありましたが、一泊 30USDとお値打ちで料理も
まあまあ・・。
フロントスタッフは当然英語も通じますし、ダナンへ通いつめるに従いフロン
トスタッフも、レストランスタッフも、出入り口の階段まわりにたむろしていて
役目が良くわからない男性スタッフも私の顔を覚えてくれて皆愛想が良く、
私のお気に入りの宿として利用していました。

ただ、街の中心から少し離れているため、ちょっとした買い物や日本食レスト
ランなどへ行くためにいちいちタクシーを使わなければならないのがネックで
した。

また、一週間もの滞在になりますと何度もランドリーサービスを利用すること
になります。

「ミントアンホテル」はルームサービスが結構いい加減で、ランドリーバッグ
に入れてオーダー伝票を丁寧に書いて出かけたにも拘らず、夕方戻ってみると
ランドリーバッグが朝のまま放置されていたり、二枚出した筈のハンカチが一
枚しか戻ってこなかったり、私のではない誰か知らない人の靴下が出来上がっ
てきていたりというトラブルが毎回のように続いたので今年になってから定宿
を変えてみることにしました。

最近は、街の中心に位置し、SOFTECHの隣にある「ロイヤルホテル」を利用し
ています。

一泊 35USDと、「ミントアンホテル」に比べるとすこし高めですが、何より
「花鳥風月」へも「ふるさと」へも年末にお世話になったピザ屋へも歩いて
いくことが出来ますし、会社へもかなり近くなります。

また、部屋の感じは「ミントアン」よりは幾分上質な感じで、「ミントアン」
では、バスタブに湯をはってしまうと途中から水になってしまうため、最後
まで湯のままで身体を洗いきるにはちょっとしたワザが必要でしたが、「ロイ
ヤル」は、一応最後まで湯が出てくれます。

それと、フロントの姉ちゃんが結構感心なのです。

前々回の出張時、チェックアウトの際にホテル側のミスで、私は一泊分余計に
支払ってしまいました。
支払いの際、よく確認しなかった私が悪いのですが、

帰国後・・、

「Dear Mr.ホー 一日分多くいただいてしまったので返金したいのですが
どうすればよいでしょうか?」

というメールが届きました。

私は、早速ユンに連絡をとり返金分を受け取ってもらいましたが・・、

ベトナムにしては、しかもこのグレードのホテルにしては珍しく正直な対応に
より、このホテルをすっかり気に入ってしまったというわけです。

四つ星や五つ星のホテルであればそれなりのサービスは整っているわけですが
ベトナムで、特にダナンではサービスが整っているとはいっても、そう大した
ことはないわけで・・、しかも、そう大したことがない割りに宿泊代はポンと
跳ね上がってしまうので、費用対満足度を考えると、出張の定宿は、二つ星か
せいぜい三つ星のこじんまりしたホテルの方がスタッフとも顔なじみになって
アットホームな雰囲気で、「いってきま~す!」「おかえりなさ~い!」「今
日は、暑かったよね~!」気分で楽しめて良いのではないか思います。

と言っていた矢先・・、

先日は、ロイヤルホテルのマッサージ受付の兄ちゃんたちとマッサージ料金
システムの件で解釈の相違が発生し、カンボジアの怪人を交えて夜中の大バト
ルを引き起こすこととなり、私はすっかり憤慨してしまうことになってしまい
ました!

しかし、その夜中のバトルの仲裁に入った受付の姉ちゃんの笑顔をたやさぬ
対応にまたまた感心させられた結果、今回も「ロイヤル」を予約することにな
ったのでありました。

(Mr.ホー)

キリヌキ無料お試し

仕上がりは?納期は?まずは試してみたい。と言う方のためのキリヌキお試しサービスです。初回限定でご利用いただけます。

激安!中国DTPサービスの詳細が載った2014年版カタログをお届けします。